スマートフォンやhtml5+CSS3など新技術に四苦八苦。jQuery、AjaxなどJavaScriptも難しいですね。そんなWebに悩む人のネタ帳です。

今回はAS2を使って、写真をスライドさせてみました。





しくみは簡単です。
まず、3枚の写真を載せたシンボル「mc_page」を用意します。さらに上にスライドするために「btn_up」ボタンと、下にスライドするために「btn_down」ボタンを用意します。
そしてActionScriptで上ボタンを押すと写真を下へ、下ボタンを押すと写真を上へズラす処理を埋め込みます。

メモリが安いようなので、今使っているデスクトップのメモリを増設することにしました。
現在は1GB×2の2GB。これに2GB×2を増設して、目指すは合計6GB。これでかなりのパフォーマンスアップが期待できると思っていました。

しかし、現実はそう甘くはないのですね。
どうも32bit系のOSでは、4GBまでしか認識してくれないようです。私のマシンは32bit版のWindowsXP。特にOSのバージョンを問わずにWindows VistaもWindows7も32bitだと上限は4GBのようです。

Action Scriptの勉強も兼ねて、簡単ですがFlashでタブの切替を作ってみました。

3つのシートを用意して、それぞれ2箇所にボタンを設置します。
Action Scriptでは「色」をクリックするとそのシートを上にxピクセル移動する。「close」をクリックするとシートを下にxピクセル移動する。といった単純なしくみです。




前回はFlashでボタンを作成してみましたが、
Flashでボタンを作る
http://blog.he-ron.jp/2009/09/flash-4.html

今回はその知識を活かして、バナーを作ってみました。

ロールオーバーアクションなども入れずに、完全に手抜きですが、素人ながらに結構かっこいい出来だと自負しております。





久しぶりにFlashを触りました。

今回はボタンのロールオーバーです。

下のサンプルのように、わざわざボタンだけのFlashを作るということはほとんどないと思いますが。。。大抵の場合はFlashコンテンツを作成して、その上にボタンを設置しますよね。




コンテンツの縦・横幅をブラウザサイズに合わせたい、または、ポップアップ画面を表示するといった場合に、スクロールバーを消すことがあります。

HTML内のブロック要素に対してスクロールバーを消すにはCSSで以下のようにします。

Flex3プログラミング入門
宮田 亮
秀和システム
売り上げランキング: 233152

Flexを習得するにあたり、参考にしている本を紹介します。

Flexを学ぶにあたり、最初のポイントとなるのはmxmlを理解することだと思います。

AjaxのRIAが「XHTML + CSS + JavaScript」で構成されているのと同じように、Flexは「mxml + CSS + ActionScript」で構成されている。
CSSはそのまんま。ActionScriptについてはいわゆるプログラミング、オブジェクト指向などをかじっていれば、特に大きな壁にはならない。
ここで、Flex全体の感覚をつかむ意味でもmxmlの理解が重要となる。

この本では、mxmlを中心に、簡単なサンプルがまとめられている。内容が少し易しすぎるか、最終的にはいらなくなってしまいそうだが、これからFlexを学ぼうという人にはぴったりだと思う。

人気があるのか、部数が少ないのかは分からないが、Amazonではプレミアが付いているようですね。
私の場合は、地元から少し離れた書店で偶然見つけました。

FlexのHTTPServiceを使って、他のサイトのRSSを読み込み、リスト表示をしようとした。
最近では、PHPなどでブログの最近記事の一覧をトップページに出力することは、よくやる手法である。

しかし、Flashの世界では、これが単純にはいかない。
通常の処理で、HTTPServiceで他のサイトのxmlファイルにアクセスにいくと、以下のようなエラーが出力される。

[RPC Fault faultString=”URL へのアクセス中にセキュリティエラーが発生しました” faultCode=”Channel.Security.Error” faultDetail=”送信先 : DefaultHTTP”]

つまりは、FlashやFlexではセキュリティ上、他のドメインへのコンテンツは基本的にアクセスできないようになっているらしい。

Flexをはじめました。

ここ最近の記事を見てのとおり、Flashをはじめたのだけど、プログラマの私にとっては、どうもグラフィックツールやタイムラインはしっくりこない。そこで開発者向けのFlexから習得しようという気になった。

CSのFlashはデザイナ向けのソフトで、グラフィックで際立たせる。一方で、Flexはプログラマ向けで、オブジェクト指向を理解していたり、アルゴリズムに強い人は入りやすく、アプリケーション開発向けである。
しかし、アウトプットはどちらもSWF。やろうと思えば、同じことは実現できる。はずである。。。
というわけで、早速だがFlexを触ることにした。

最近、xampp1.6.8を使い続けていて、エラーが多いと感じる。
詳細は不明だが、とにかくページ遷移のタイミングでApacheエラーなどのアラートが出る。いや、ページは遷移するので、致命的というわけではないが、とにかく不安定な感じは否めない。

一方で、xampp1.7以降でPHP4のサポートが打ち切られたため、PHP4の環境を作れる1.6系は捨てがたい面もある。
世の中、まだPHP4で動いてるシステムも結構あるので。

そんな場合は1.6系と1.7系を共存させちゃおう!
特に難しいことはないです。違うディレクトリにインストールするだけ。
例えば、「C:xampp1.6」と「C:xampp1.7」にそれぞれインストールするなど。

注意することは、同時に起動させないこと。ポートなどが競合するので、使用する場合は、PHP4の場合はxampp1.6、PHP5の場合はxampp1.7というように使い分ける必要がある。

Monthly Archives

Search