WEB/システム/IT技術ブログ

Gitリポジトリを別のリモートリポジトリへ移行(引っ越し)する

update : 2021/09/19

Githubが無料になったみたいですね。
当時、無料で制限なく使えるGitリモートリポジトリサービスがなかったので、独自でリモートリポジトリを構築していました。Gitを学習したり、遊んだりするのに、サービスに月額でお金を払うというのはちょっともったいないですよね。
現在、Githubは個人が趣味や学習で使う分には制限もなく、無料で利用できるようになったということなので、リモートリポジトリをお引越しすることにしました。

作業環境は
Windows 10
git 2.18
です。

移行元リポジトリをローカルにクローンする

まず、移行元リポジトリをローカルにミラークローンします。今回は秘密鍵を使用しているので、鍵を指定します。

>set GIT_SSH_COMMAND=ssh -i C:/Users/helog/openssh.key & git clone --mirror ssh://helog@helog.xxxx.jp:22/home/helog/repos.git

クローンにはしばらく時間がかかります。コミット量やデータ量にもよると思いますが、今回は10分程度でした。
終了したらクローンしたフォルダに移動します。

>cd repos.git

移行先リポジトリにプッシュする

新規で用意した移行先リポジトリにpushします。移行元と同様にsshで接続するため、秘密鍵を指定します。

>set GIT_SSH_COMMAND=ssh -i C:/Users/helog/id_rsa & git push --mirror git@github.com:helog/helog.git

プッシュにもしばらく時間がかかります。同じく10分程度です。

これで移行作業は完了です。
ミラークローンしたフォルダは削除します。

B!

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Monthly Archives