スマートフォンやhtml5+CSS3など新技術に四苦八苦。jQuery、AjaxなどJavaScriptも難しいですね。そんなWebに悩む人のネタ帳です。

ubuntu9.10では「rootでログインする」といった概念が変化しているようです。
というより近年のLinuxでは常識なんですかね。私が遅れているだけでしょうか。。。

これまでは、管理者権限でコマンドを実行するには「su -」コマンドでスーパーユーザであるrootになることができました。しかし、現代ではそれができない。デフォルトではrootがパスワードを持っていないのです。

それにとって変わって「sudo」コマンドを使用するようです。
「sudo」の機能としては「管理者権限としてコマンドを実行する」ことになります。
これまでroot権限で

root@local:/etc$ vi passwd

なんてやっていたことが、

user@local:/etc$ sudo vi passwd

とできちゃうんですね。
この場合、sudoを実行するにはユーザ「user」が「admin」グループに属している必要があります。
つまりは、管理者権限という概念がWindowsのようにAdministratorに属させることで実現するようになったんです。Windowsユーザには分かり易い。たぶん。

一方でsudoを打つのに慣れないという方は、昔のように(?)rootにパスワードを設定することで、suコマンドが使えるようになります。

user@local:~$ sudo su -
root@local:~# passwd
新しいUNIXパスワードを入力してください: ********
新しいUNIX パスワードを再入力してください: ********
passwd: パスワードは正しく更新されました
Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION)
松信 嘉範
翔泳社
売り上げランキング: 4727
おすすめ度の平均: 5.0

5 プログラマにもサーバ管理者にもオススメの良書

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search