スマートフォンやhtml5+CSS3など新技術に四苦八苦。jQuery、AjaxなどJavaScriptも難しいですね。そんなWebに悩む人のネタ帳です。

ubuntuにsshをインストールします。

sshは、主にネットワーク上のLinuxにアクセスする際に用いるプロトコルです。
sshを利用すれば、接続に必要なユーザ名、パスワードから、実際にネットワークを流れるデータを暗号化してくれるので、セキュリティな通信が保障されます。
一方で、TelnetやFTPだと全てのデータが平文で流れるため、覗き見される危険性があります。
昨今では、sshを用いるのが最低ラインのセキュリティとして定着しています。

このsshの機能を使って、FTP機能をセキュアにしたSFTPやSCP通信、Telnet機能をセキュアにしたPutty、その他にもSamba over SSHやssh+svnなどの機能を利用することができます。

そのssh通信を実現するには、サーバ側にOpenSSHをインストールする必要があります。以下はubuntuにインストールする方法です。すごく簡単。

root@local:~# apt-get install openssh-server
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
提案パッケージ:
rssh molly-guard openssh-blacklist openssh-blacklist-extra
以下のパッケージが新たにインストールされます:
openssh-server
~(中略)~
ufw のトリガを処理しています ...
man-db のトリガを処理しています ...
openssh-server (1:5.1p1-6ubuntu2) を設定しています ...
Creating SSH2 RSA key; this may take some time ...
Creating SSH2 DSA key; this may take some time ...
* Restarting OpenBSD Secure Shell server sshd                                           [ OK ]

ちなみに「ssh」は「Secure Shell」の略なんですね。知らなかった。

実用SSH 第2版―セキュアシェル徹底活用ガイド
Daniel J. Barrett Richard E. Silverman Robert G. Byrnes
オライリー・ジャパン
売り上げランキング: 20548
おすすめ度の平均: 4.5

5 SSHの総合技術書
4 sshを使う全ての人へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search