スマートフォンやhtml5+CSS3など新技術に四苦八苦。jQuery、AjaxなどJavaScriptも難しいですね。そんなWebに悩む人のネタ帳です。

Linuxでユーザを追加する場合はコマンド「adduser」を使用します。

ユーザを追加するには「adduser」と「useradd」と2つのコマンドが存在しますが「adduser」を使ったほうがいいでしょう。なぜなら「useradd」はユーザ作成のみしか実行されず、パスワードの設定やホームディレクトリ作成は行ってくれません。
一方で「adduser」は以下の通り、そのユーザがすぐに使えるような最低限の設定を対話的に行ってくれます。

root@local:/# adduser user
ユーザ `user' を追加しています...
新しいグループ `user' (1001) を追加しています...
新しいユーザ `user' (1001) をグループ `user' に追加しています...
ホームディレクトリ `/home/user' を作成しています...
`/etc/skel' からファイルをコピーしています...
新しいUNIXパスワードを入力してください: ********
新しいUNIX パスワードを再入力してください:********
passwd: パスワードは正しく更新されました
Changing the user information for user
Enter the new value, or press ENTER for the default
    Full Name []: hoge hoge
    Room Number []: 10xx
    Work Phone []: 000-000-xxxx
    Home Phone []: 111-1111-xxxx
    Other []: hogehoge
Is the information correct? [Y/n] y

「Is the information correct」は「これでよろしいですか?」です。

「adduser」と「useradd」とは紛らわしいですね。

【改訂新版】 Linuxコマンド ポケットリファレンス (Pocket Reference)
沓名 亮典 平山 智恵
技術評論社
売り上げランキング: 11797
おすすめ度の平均: 5.0

5 旧版と新版
5 Linux使うなら必携の一冊

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search