スマートフォンやhtml5+CSS3など新技術に四苦八苦。jQuery、AjaxなどJavaScriptも難しいですね。そんなWebに悩む人のネタ帳です。

Windows7でWebdavやVPNを用いてネットワークドライブを使用する場合、ファイル表示速度やファイル転送速度が異常に遅い場合があります。

いろいろと試していたのですが、解決策が見つかったのでここに残しておきます。

まずIEを起動して、「インターネットオプション」を開きます。
次にタブ「接続」を選択し、「ローカルエリアネットワーク(LAN)の設定」の「LANの設定」をクリックします。
そして下図のように、「自動構成」の「設定を自動的に検出する」のチェックを外します。

以上です。

問題はネットワークアダプタの設定かと思い悪戦苦闘していたのに、なぜかIEの設定で改善するという結末。不思議です。

この設定を変更するだけで、これまで数十分かけても終わらなかった比較的重いファイル転送も、数分で完了するようになりました。

「設定を自動的に検出する」の機能では、恐らく、高速インターネットを前提に、複雑な通信を行っていると推測されます。しかし、さまざまなネットワークを介すとまだまだ十分な速度を確保できないのが現状です。そのあたり通信負荷を考慮してほしいですよね。

ちなみに、今回の例ではWindows7のIE9でしたが、Windows Vistaでも同じような問題が発生するようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search