スマートフォンやhtml5+CSS3など新技術に四苦八苦。jQuery、AjaxなどJavaScriptも難しいですね。そんなWebに悩む人のネタ帳です。

今回は、前回
ubuntuでbind9インストール – http://blog.he-ron.jp/2009/12/ubuntubind9.html
の続きでbind9の設定です。

前提として、以下の環境の構築を想定したとします。
・ネットワークアドレスが「192.168.1.x/255.255.255.0」
・デフォルトゲートウェイが「192.168.1.1」
・開発環境「192.168.1.2」にドメイン「xxx.dev.lc」を割り当てる(xxxは任意)
・DNS自身のIPアドレスは「192.168.1.3」

まず「/etc/bind/named.conf.options」を開き、「xxx.dev.lc」以外は通常のDNSを参照しにいくように、転送設定を追記します。

forwarders {
	192.168.1.1;
};

次に同階層にネットワークアドレスに応じて設定ファイル「/etc/bind/db.192.168.1」を新規作成し、以下のとおり記述します。

$TTL    604800
@       IN SOA  localhost. root.localhost.(
	20091118;       Serial
	604800;         Refresh
	86400;          Retry
	2419200;        Expire
	604800 );       Negative Cache TTL
;
@       IN NS   ns.dev.lc.
2       IN PTR  localhost.
2       IN PTR  ns.dev.lc.

開発用のドメインに応じて設定ファイル「/etc/bind/db.dev.lc」を新規作成し、以下のとおり記述をします。

;
; BIND reverse data file for dev.lc zone
;
$TTL            604800
@               IN SOA  ns.dev.lc. root.dev.lc. (
	2009111801;     Serial
	604800;         Refresh
	86400;          Retry
	2419200;        Expire
	604800 );       Negative Cache TTL
;
IN NS   ns.dev.lc.
IN A    192.168.11.2
*               IN A    192.168.11.2

ここで、それぞれのファイル「db.192.168.1」は逆引き、「db.dev.lc」は正引きを設定したことになります。

この2つのファイルを以下のように「/etc/bind/named.conf.local」に設定します。

zone "dev.lc" {
	type master;
	file "/etc/bind/db.dev.lc";
};
zone "1.168.192.in-addr.arpa" {
	type master;
	file "/etc/bind/db.192.168.1";
};

最後にbind自身を再起動して、これらの設定を有効にします。

DNSが正しく動いているかどうか確認として、Windowsでネットワーク設定を開き、「優先DNSサーバ」に「192.168.1.3」、「代替DNSサーバ」に「192.168.1.1」を設定します。
例えば、「192.168.1.2」がWebサーバとして稼動しているとき、ブラウザから「http://www.dev.lc/」でアクセスできればOKです。

基本的な設定は以上です。
本格的な運用にはもう少し勉強が必要です。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search