スマートフォンやhtml5+CSS3など新技術に四苦八苦。jQuery、AjaxなどJavaScriptも難しいですね。そんなWebに悩む人のネタ帳です。

Linuxのディストリビューションで最近人気のあるubuntuをインストールしました。

Linuxは5年以上前に運用の経験があります。その頃、私のまわりではVine、Red Hat、Slackwareが主流でした。どれもGUI環境がまだまだ実用レベルではなかったので、SlackwareをTera Termなどで接続して、CUIで運用していたのを憶えています。

今回、ubuntu9.10をインストールしたのですが、いろいろと驚かされました。

まず、いつもの通り、公式サイトよりディスクイメージをダウンロードして、CDメディアなどに焼きます。
Ubuntu Home Page – http://www.ubuntu.com/

そして、CDブートでPCを再起動するのですが、それだけでグラフィカルなデスクトップが表示されます。
その中のアイコンをクリックしてインストールを開始します。Widowsと同レベルの操作性で、マウスでクリックするだけで作業が進みます。もちろんスピードはWindowsよりも早い。
昔のLinuxと言えば、ブルースクリーンに白文字、まるでBIOSを操作しているような感じ。それに比べれば、すばらしく改善されているように思います。

あと、swapメモリなどの設定がめんどくさかった記憶ですが、それも自動で配分してくれるようです。

インストールを終え、ログイン後に感じたことはそのグラフィックとユーザビリティ。昔は日本語入力も環境ごとに異なり、ブラウザで日本語を打つのも一苦労でしたが、普通に「半角/全角」キーで切り替えができます。Firefoxを起動して適当にブラウジングなどしてみたのですが、Windowsでの操作をそう違いはありません。
私は基本的にWindowsユーザなので、Macはあまり触ったことがないのですが、ubuntuの操作性はMacのそれに負けじ劣らずといった印象です。

さて、インストールはひとまず完了。これからいろいろとカスタマイズしていこうと思います。

最後に予断ですが、「ubuntu」をなんとなく「アバンチュ」と読んでいたのですが、Wikipediaより「ウブントゥ」が正解のようです。

Ubuntuではじめる Linuxパソコン (Gihyo Expert Books)
佐々木 康之
技術評論社
売り上げランキング: 111345
おすすめ度の平均: 5.0

5 Ubuntu の入門には最適です。
5 Ubuntuをデスクトップで使うにはこれ1冊でOK

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search