スマートフォンやhtml5+CSS3など新技術に四苦八苦。jQuery、AjaxなどJavaScriptも難しいですね。そんなWebに悩む人のネタ帳です。

以前にWindowsにbindをインストールして、ローカル開発環境でDNSを運用する話を書きましたが、今回はLinuxにインストールしてみます。
http://blog.he-ron.jp/2008/09/windowsxpbind.html

私の環境だけかもしれませんが、Windowsでのbindは不安定で、気がつくとサービスが停止しているといことがしばしばあります。あと、クライアント側でDNSに変なキャッシュが残っているのか、サーバは正常だけどドメインを引けない、結局、クライアント側でDNSにつなぎなおす必要がある場合もあります。やはりここはLinuxに入れ替えるべきだということで、今回のインストールです。

bind9のインストールについても「apt-get」で実行しますが、こちらのopen-sshと同様に非常に簡単です。

root@local:~# apt-get install bind9
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
bind9utils
提案パッケージ:
bind9-doc resolvconf
以下のパッケージが新たにインストールされます:
bind9 bind9utils
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 38 個。
371kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 1,139kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com karmic/main bind9utils 1:9.6.1.dfsg.P1-3 [97.1kB]
取得:2 http://jp.archive.ubuntu.com karmic/main bind9 1:9.6.1.dfsg.P1-3 [274kB]
371kB を 0s で取得しました (372kB/s)
パッケージを事前設定しています ...
未選択パッケージ bind9utils を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 117821 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../bind9utils_1%3a9.6.1.dfsg.P1-3_i386.deb から) bind9utils を展開しています...
未選択パッケージ bind9 を選択しています。
(.../bind9_1%3a9.6.1.dfsg.P1-3_i386.deb から) bind9 を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
ufw のトリガを処理しています ...
sreadahead のトリガを処理しています ...
bind9utils (1:9.6.1.dfsg.P1-3) を設定しています ...
bind9 (1:9.6.1.dfsg.P1-3) を設定しています ...
グループ `bind' (GID 121) を追加しています...
終了。
システムユーザ `bind' (UID 114) を追加しています...
新しいユーザ `bind' (UID 114) をグループ `bind' に追加しています...
ホームディレクトリ `/var/cache/bind' は作成しませんでした.
wrote key file "/etc/bind/rndc.key"
#
* Starting domain name service... bind9                                                                         [ OK ]

インストールについては、このコマンド1つで完了です。

ローカル環境で、開発用DNSとしての設定は次回書きたいと思います。

DNS & BIND 第5版
Cricket Liu Paul Albitz
オライリージャパン
売り上げランキング: 31645
おすすめ度の平均: 4.0

3 辞書的に使えます
5 DNS管理をするならこれを読め

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search