スマートフォンやhtml5+CSS3など新技術に四苦八苦。jQuery、AjaxなどJavaScriptも難しいですね。そんなWebに悩む人のネタ帳です。

Flashの動きの基本となる「フレームアニメーション」を作成してみました。きりんさんです。
参考にしたのはMdN様のところ。どうでしょうか。初めてにしては完成度高いのでわ。
http://www.mdn.co.jp/content/view/3043/111/





パラパラ漫画の要領ですね。小学校の時に、教科書の隅っこに描いていたやつ。
Flashの操作にまだ慣れないので少々時間はかかりましたが、原理が分かれば、作業としては単純でした。

ActionScriptを習得したいなと思い、暇を見つけては勉強しております。

XHTMLやWeb標準などで、Webも大分整理されて綺麗なサイトも増えてきましたが、ユーザの要求はさらに上を行き、リッチなコンテンツが求められるようになりました。
フルFlashというのは個人的には好きじゃないです。直感的に操作できなかったり、環境依存があったりと。少々の事であればAjaxで魅せるべきだという考えです。
しかし、時代の流れからもFlashを無視はできない。特に、ActionScript3がリリースされてからは、ある程度知識は持つべきであろうと。選択肢として、ActionScriptで構築するべき時も来るはず。

PHP開発環境でデバッグ環境を整えたいと思い、まずはxdebugをインストールすることにしました。

どうやらxamppだとxdebugのインストールが簡単。dllはデフォルトで組み込まれているようなので、以下のようにphp.iniのコメント記述を変更するだけ。

先日、友人から「BUG HUNTER」のサイトを紹介されました。

どういうサイトかというと、任意のWebを閲覧しているときにバグを発見したとして、それをBUN HUNTERに報告すれば報奨金をいただけるとのこと。
※ある程度条件はあるようなので本家サイトで詳細を確認してください。

eclipseでAjax part3 – http://blog.he-ron.jp/tech/eclipse/

以前に記事に書いたような環境で数ヶ月間、開発していたのですが、やっぱり重い。そして時にエラーが出る。
やっぱりなんでもかんでも一つで済まそうという考えがだめなんでしょうか。。。

ここはシンプルにPHPの開発に焦点を合わせてみる。うん。シンプルイズベスト。

PHPeclipseには期待していたのだけど、エラーが出る原因らしい。
そこでクラス参照などもできる、比較的安定したPDTを使ってみる。他の比較サイトでもこちらのほうが評判がよいみたい。

eclipse – http://www.eclipse.org/

本家サイトより「PDT All In Ones」をダウンロードして展開する。
そして、いつもお世話になっている日本語化プラグインの

Pleiades – http://mergedoc.sourceforge.jp/

こちらから「Pleiades 本体ダウンロード」のところからプラグインのみをダウンロードする。
プラグインの組み込み方はそれと一緒にあるreadmeを参照する。

これだけでHTML、CSS、PHPの開発には困らない。一応、JavaScriptのコードアシストぐらいは付いているので、がんばれば、、、がんばればAjax開発もできる。

導入も簡単だし、eclipseにしては比較的動作も重くない。以前よりはエラーも出ずに安定感もある。

これでいいんじゃないでしょうか!

以前、システムなどのバージョンについて記述しました。

システムアップグレードへのジレンマ
http://blog.he-ron.jp/2009/02/post-30.html

先日、PHP4でのシステム改修のお仕事の話がありました。PHP4はサポートが完了したとはいえ、やはり現状はそれで動いているシステムはたくさんあるんですよね。
そういうわけで、急遽、PHP4の環境が必要になったんです。無理やりPHP5との共存した環境を作ってもいいのですが、めんどくさいので、今回「xampp」を採用することにしました。

「W3C標準」なんて言葉もあまり聞かなくなりましたが、最近ではサイトのValidatorチェックも「とりあえずやっておこう」程度に定着したような気がします。
ただ、さまざまなValidateツールが登場する中でも、いちいちURLやソースを貼り付けて一つ一つのページをチェックするのはめんどくさいです。
そこで便利なツールがFirefoxのアドオン「Html Validator」です。

Monthly Archives

Search