スマートフォンやhtml5+CSS3など新技術に四苦八苦。jQuery、AjaxなどJavaScriptも難しいですね。そんなWebに悩む人のネタ帳です。

最近ではFlashといっても多岐にわたります。Webサイトであったり、ゲーム、バナーやAIRアプリケーションなど。詳しくはないですが携帯でもFlashがあります。
要件に応じて最適な構築方法も異なると思いますが、そんな手法の一つとしてProgressionを試してみたいと思います。

ProgressionはFlash CS3~CS5に対応したフレームワークで、特にフルFlashサイトを構築する場合にその威力を発揮するようです。
標準のWebのような構成、つまり、ページがいくつか存在して、グローバルナビゲーションがあって、といったことをFlashで実現しようすると、結構たいへんだったりします。それぞれボタンを作成して、イベントを設定して、タイムラインを制御してなど、毎度繰り返しのめんどくさい作業が発生します。
そんな作業をProgressionでは比較的、軽減してくれるようです。

今回はそのProgressionをインストールしてみたいと思います。

Progression4をインストール

今回のインストール例の環境はAdobe Flash Professional CS5です。下記の公式サイトより対応したProgression 4 日本語パッケージをダウンロードします。
Progression – Framework for Flash
ダウンロードしたファイル「Progression4-ja-CS5.zxp」をダブルクリックすると、Adobe Extension Managerが起動するので、指示に従いインストールを完了させます。Adobe Extension Managerがインストールされていない場合は、、、分かりません。。。

動作確認

実際にインストールされているかどうか確認してみます。
Flashを起動して、メニューの「ウィンドウ」から「その他のパネル」の中に「Progressionプロジェクト」をクリックして、以下のサブウィンドウが開けばとりあえずインストールは成功でしょう。

プロジェクトの新規作成

上記画面より「新規作成」をクリックすると、プロジェクトを作成することができます。

作成の際に必要な項目としては、まず基本タグから「プロジェクト名」「書き出し先」を指定します。「種類」はプログラマ向けは「クラス」を選択します。「プレイヤー」は支障がなければ最新のFlash Player 10が良いでしょう。「環境設定」は場面に応じて選択します。フルFlashサイトの場合は「Webコンテンツ」がよいでしょう。
さらにActionScriptタブの中からFlashDevelopに対応させるにチェックを入れると、FlashDevelopのプロジェクトも同時に生成してくれます。環境によりますが、FlashDevelopを使用している人にとっては便利です。

後は「作成する」ボタンを押せば完了です。

「作成する」ボタンを押してもエラーになりプロジェクトを生成できない

私も初めはつまづきました。
「作成する」ボタンを押すと以下のエラーが発生します。

以下の JavaScript エラーが発生しました :

これだけじゃ、何のこっちゃですね。
原因だけ言うと、書き出し先の指定の仕方に問題があるようです。以下のような通常のエクスプローラのパスではダメのようです。

C:test_project

参照ボタンから辿れば分かりますが、以下のように指定します。

file:///C|/test_project

これはちょっとはまりそうな罠ですよね。

これでインストールは完了です。さて、何か作ってみようかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Pingback & Trackback

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search