スマートフォンやhtml5+CSS3など新技術に四苦八苦。jQuery、AjaxなどJavaScriptも難しいですね。そんなWebに悩む人のネタ帳です。

今回はAS2を使って、写真をスライドさせてみました。





しくみは簡単です。
まず、3枚の写真を載せたシンボル「mc_page」を用意します。さらに上にスライドするために「btn_up」ボタンと、下にスライドするために「btn_down」ボタンを用意します。
そしてActionScriptで上ボタンを押すと写真を下へ、下ボタンを押すと写真を上へズラす処理を埋め込みます。

スクリプトは以下のとおりです。単純ですね。
上限、下限を設定して、どこまでもスライドするのを防ぐことを忘れずに。

btn_up.onPress = function() {
	_root.onEnterFrame = function(){
		if(mc_page._y < 10 ){
			mc_page._y += 10;
		}
	}
};
btn_up.onRelease = function() {
	delete _root.onEnterFrame;
};
btn_down.onPress = function() {
	_root.onEnterFrame = function(){
		if( mc_page._y > 400 - mc_page._height ){
			mc_page._y -= 10;
		}
	}
};
btn_down.onRelease = function(){
	delete _root.onEnterFrame;
}
Adobe Creative Suite 4 Web Premium 日本語版 Windows版
アドビシステムズ (2008-12-19)
売り上げランキング: 589
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search