スマートフォンやhtml5+CSS3など新技術に四苦八苦。jQuery、AjaxなどJavaScriptも難しいですね。そんなWebに悩む人のネタ帳です。

先日、知人から「運営しているサイトへのアクセスが突然ゼロになった!」ということで、その原因を調べてほしいとの相談がありました。

これまでのアクセス状況

まず原因を調べるにあたり、これまでのアクセス状況を聞きました。

  • Google Analyticsでアクセス解析
  • 1日あたり約50ページビュー
  • 参照元のほぼ100%がGoogle(つまりGoogle検索)

これがある日、突然ページビューがゼロになったそうです。(正確には日に1~3アクセスがあったりなかったり)

Googleのペナルティを受けたのか?

真っ先に思い浮かぶのは、何らかのGoogleのガイドラインに違反して、検索結果のインデックスから外されたこと。

そこで、そのサイトのコンテンツを一通り確認してみましたが、内容は料理のレシピなどが中心で、特にペナルティを受けるようなコンテンツは見当たりません。

次に、実際にGoogleのセーフブラウジングチェックで、違反がないかどうかを確認します。
例えばこのサイト「helog.jp」を診断する場合は、ブラウザで以下にアクセスします。

http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=helog.jp

本サイトは問題ないようです。よかったよかった。

知人のサイトの診断結果は特に問題なしでした。

Googleの検索結果から外されたのか?

次にそのサイトがGoogleの検索結果に表示されなくなったのかを確認してみました。

ウェブマスターツールを利用していれば、インデックス数の変化をすぐに確認することができます。
しかし、そうでない場合の確認方法として、例えばGoogleの検索窓に以下を入力して検索を実行してみます。

site:helog.jp

本サイトは1,500件ほど検索結果として表示されます。よかったよかった。

知人のサイトも同じように検索してみたところ、問題なく検索結果が表示されました。

まとめ

知人のサイトは、なんらかのペナルティを受けてインデックスを削除されたというよりも、Google検索のアルゴリズムの変化などで、順位が変わったと考える方が妥当なようです。
日あたり数万アクセス以上あるサイトならともかく、数十未満のサイトなら参照元の仕様変更により限りなくゼロに近くなることもあるだろうかと。
とりあえずしばらくは様子をみることにします。

このケースに限らず「突然任意のサイトがWeb上から姿を消した」場合に、まずはじめに確認する事として、ここにメモとして残しておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search