スマートフォンやhtml5+CSS3など新技術に四苦八苦。jQuery、AjaxなどJavaScriptも難しいですね。そんなWebに悩む人のネタ帳です。

「W3C標準」なんて言葉もあまり聞かなくなりましたが、最近ではサイトのValidatorチェックも「とりあえずやっておこう」程度に定着したような気がします。
ただ、さまざまなValidateツールが登場する中でも、いちいちURLやソースを貼り付けて一つ一つのページをチェックするのはめんどくさいです。
そこで便利なツールがFirefoxのアドオン「Html Validator」です。

任意のサイトを閲覧すると同時にソースのチェックを行ってくれます。
通常のFirefoxのメニュー「ページのソースを表示」をクリックすると、ソースの表示に加えて図のような情報が付加されます。
「何行目の何文字目にどのような問題がある」と細かい指示があるのでとても分かりやすいです。
htmlvalidator.gif
ただ、昨今ではアフェリエイトプログラムやAPI、AjaxなどでJavaScriptなど特殊なコードを埋め込むことが多いので、
Validatorを完全にパスするのは難しいみたいです。
現状、表現の幅をもたせるためにもW3C標準ではないサイトも多いようで。
実際にGoogleやYahooなどの大手サイトをこのツールで検証してみましたが、通っていません。
「W3C標準」を取得するというより、コーディングミスなどを気軽に発見する用途では活用できそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search