スマートフォンやhtml5+CSS3など新技術に四苦八苦。jQuery、AjaxなどJavaScriptも難しいですね。そんなWebに悩む人のネタ帳です。

Twitterの公式ウィジェットが簡単に自分のサイトに設置できるみたいなので、やってみました。

サービスを提供しているページは以下です。
Twitter / ウィジェット

メニューより「自分のサイト」⇒「プロフィールウィジェット」を選択します。

「設定」で表示したいプロフィールのユーザ名を入力します。その他、ツイートの表示方法やデザイン、サイズを設定することができます。
設定が済んだら「プレビューで確認」ボタンを押して、実際にどのように表示されるかが確認できます。
表示内容に問題がなければ「完了&コード取得」ボタンを押して、JavaScriptのコードを取得します。

そのJavaScriptのコードを、自身のサイトやブログに貼り付けます。
そうすれば、以下のようにツイートが表示されます。これは実際にコードを取得、貼り付けた例です。


簡単ですね。JavascriptやPHPを用いたAPIプログラミングの知識を必要としないので、簡単に導入できるという点では、今後は特にクライアントに注文がなければ、これを勧めてみたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search