スマートフォンやhtml5+CSS3など新技術に四苦八苦。jQuery、AjaxなどJavaScriptも難しいですね。そんなWebに悩む人のネタ帳です。

以前に、Twitter APIにふれた記事を書きました。
PHPでTwitter APIを使ってみる
認証を必要としない、簡易版を紹介したのですが、今回は認証を含めた処理にチャレンジしたいと思います。

前回もお話したように、Twitter APIに認証にはBASIC認証、OAuth認証、あとxAuth認証というものがあるようですが、BASIC認証は2010年の6月にサービスが停止し、使えなくなるそうです。そこで、今回はOAuthを勉強してみたいと思います。OAuthは、ゼロオースではなくて、オーオースと読むようですね。

さて、WebアプリでTwitter APIのOAuthを実装するためには、twitter developersでアプリケーションを登録する必要があります。
http://dev.twitter.com/

OAuthを利用するためには、アクセストークン(Access Token)とアクセストークンシークレット(Access Token Secret)が必要になります。少し難しいので、詳細は割愛しますが、APIキーみたいなものです。下記のサイトでアプリ登録することで、Access TokenとAccess Token Secretを取得できます。
http://dev.twitter.com/apps/

アプリケーション追加のフォームに遷移します。入力するのは、

アプリケーション名

アプリケーションの名前です。ユーザがこのアプリを使用するさいに、実際に表示される名前になります。

アプリケーションの説明

上記と同じく、アプリケーションの説明として一般に公開される内容を書きます。

アプリケーションのウェブサイトURL

アプリケーションのURLです。アプリが公開されている場所からアプリ名をクリックされると、このURLに遷移します。

所属会社/団体

個人の場合は未記入でもいいです。

アプリケーションの種類

Webアプリケーションの場合は「ブラウザアプリケーション」を選択します。

コールバックURL

実際のWebアプリケーションのURLを入力します。アプリ開発中の場合は空でもいいでしょう。アプリ公開の時に変更できます。

Default Access type

アプリから書き込みをさせる場合は「Read & Write」を選択します。

アプリケーションのアイコン

アプリ名、アプリの説明と共に一般に公開されるアイコンです。

これら入力した内容は、後に確認、変更することができます。それでは登録を終えて、Access TokenとAccess Token Secretを取得します。具体的なAPIの実装については次回。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search