スマートフォンやhtml5+CSS3など新技術に四苦八苦。jQuery、AjaxなどJavaScriptも難しいですね。そんなWebに悩む人のネタ帳です。

Androidの開発環境が整ったら、実際にサンプルjavaソースをコンパイルしてEmulatorで動かしてみましょう。
一度、実際の開発の流れを試すことで、早く感覚をつかむことができるはずです。

サンプルプログラムですが、android-sdkに付属していますので、これを読み込んでみます。

まず、eclipseを起動してパースペクティブをJavaにします。

次にメニューの「ファイル」⇒「新規」⇒「Androidプロジェクト」をクリックします。



プロジェクト名は任意です。内容は「Create project from existing sample」を選択、ビルド・ターゲットは「Android2.2」を選択し、完了ボタンを押します。これでソースの読み込みは完了です。
実開発になると、このソース郡をあれこれと書き換えるわけですね。

次にデバックの方法です。AndroidのデバックはEmulatorの実行にあたります。
パースペクティブを「デバック」にし、メニューの「実行」⇒「デバックの構成」を選択します。

左のメニューから「Androidアプリケーション」から新規構成を開きます。右の項目について、名前は任意、プロジェクトは参照から先ほど追加したプロジェクトを選択、Launch Actionには「Launch Default Activity」を選択し、デバックボタンを押します。

そうするとAndroidのEmulatorが起動するはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search